HACCP導入サポート

「衛生管理」が2021年6月に
完全義務化されました

一人経営のお店も、国際基準に準じて衛生管理計画を準備しなければなりません。

 HACCP(ハサップ)とは 世界基準の衛生管理方法です。

ハザード(食中毒などをおこす原因)を探し、それを防ぐための 世界基準です。

先進国では日本だけ導入が遅れていましたが、2021年6月から義務化されました。

 


今までとどこが違うの?

HACCP ではメニュー毎に、材料・レシピを分析し、どこでどのようなハザードが生まれるかを洗い出します。

材料の受入からメニューの提供までの、どの過程でハザードを取り除けるかを検討し、ルールを決めます。

ルールを実行し、更に記録に残します。

 

対象となる食品等事業者は?

規模に関係なく、原則として食品の製造・加工・調理・販売等を行うすべての事業者が対象となります。
対象車は、「HACCP に基づく衛生管理」と「HACCPの考えを取り入れた衛生管理」といった2種類の取り組み方法に分かれ、事業の内容によってどちらをどの程度導入しなければいけないかが決まります。

 

違反した場合罰則はありますか?

HACCP 導入違反による罰則は定められておりませんが、食品衛生法を違反した場合には罰則があります。
また、「各都道府県知事に委ねる」といったことが記載されており、都道府県で今後 HACCP 導入に関するルールが策定されることも考えられ、策定されれば刑事罰に問われる可能性があります。

 

弊所のHACCPコーディネーターが、HACCP導入をサポートいたします。お気軽にご相談ください。

 

メールする
アクセス
電話番号:03-6821-1736